やさぐれ主婦の日々日記

おはようございます。





人生の一大事、結婚。
最近の児童虐待・DVなどの報道を見るたびに、パートナー選びによってその後の人生って大きく変わるなぁとしみじみ思います。



私の少ない恋愛経験でも "あぁ、あの人と結婚してたら確実に離婚だったなぁ" みたいな場面はありました。
時間をかけて手料理を作っても気に入らなければ、
『ふりかけ、ある?』
と、おかずを拒絶したり。
仕事帰りに私がどんなにクタクタな状態でも、絶対に自分がゆったりしたソファーの席に座るとか。
自分の直感を信じて良かった。

FullSizeRender
           シナモンロール、大好きです。
     セブンイレブンで見つけて迷わず買っちゃいました。



先日ネットで〈元彼が私と結婚しなかった理由〉という記事を読んで、なるほどなぁと思いました。
その記事では、久々に会った最近結婚した元カレに『なぜ自分とは結婚しなかったのか?』を聞くという、中々シュールなものでした。



                   デイリー新潮 11月7日掲載



その元彼はバツイチ子持ちの女性と、交際1年足らずで結婚したそうです。
その女性は良い意味で圧をかけるのか上手かったようです。
『子供の事やこれからの生活を考えてくれないと交際に進めない』と、結婚を意識する入り口を示してくれたそう。



昔と違って、結婚相談所やお見合いの出会いでない限り "交際=結婚" という構図を意識できる男性は少ないようです。
女性が上手に入り口を示しつつ、交際中も『今はこの段階だよ〜。次のステップは親への紹介だよ〜』と優しく圧力をかけていく。



男性は鈍感な生き物らしいので、これが自然に出来る女性が最近の "うやむや男性" を手に入れる事ができるんでしょうね。

IMG_6664
     上に乗っているクリーム、美味しいけど少ない…。
       パンのしっとり具合もイマイチでした。
       でも温めたら美味しさUPしましたよー



私も昔ズルズルと付き合い出したものの、結婚というゴールが見えずモヤモヤした事がありました。
『でも結婚を迫るなんて、大人の女性がするもんじゃない』
とか、
『"重い・うっとしい女だなぁ" と思われるんじゃないか』
と考えたり。
でもそんな思考こそが、幸せから自分を遠ざけているんですよね。



圧ですよ圧。
でも圧力をかけるにも、それなりの女性にならないといけないと思います。
そういう女性って、良い意味での根拠なき自信を持っているように思います。
『私は男性に大事にされて当然』みたいな。



あっ、身なりも大事だと思われます。
そこそこの容姿があれば、髪型・メイク・スタイル維持・ファッション,身のこなし・話し方、いくらでもランクアップできると思います。
絶世の美女でない限り、一般人で身なりに気を配っているかどうかは勝負の分かれ目ですよね。
そこに『私を大事に扱いなさいよ。私はそういう女性です』という自信・オーラがプラスされれば鬼に金棒。



昔の私には欠けてたな、自信が。
男性の顔色ばっかりうかがって、都合のいい女になっていたと思います。
男性を癒しつつ "アメとムチ" を使い分けるのが選ばれる女なんでしょうね。







                ☆にほんブログ村ランキング☆

                 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
              にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ




  
  

お読みいただき、ありがとうございます😊


それでも上手く圧をかけらず、鬱憤をため込んだ挙句『どうして分かってくれないの💢』といきなり噴火してしまう "こじらせ女子" は、早い段階で男性に『私はこんなにややこしい女性ですよ〜』と開示して、理解してくれる男性を見つけるのが重要なようですね。


ダメなら次〜。
女性が綺麗な時期は、すぐに過ぎ去ってしまいます。
何でも、初めの対処が大事ですね。








おはようございます。





行く先々にあれば、必ず立ち寄ってしまう〈カルディ〉。
先日『甘いモノ食べたいなぁ』とふらりと立ち寄った所、"大好きシリーズ" の新フレーバーが出ていた。
もちろん買いましたよ。

IMG_6610

          ティーケーキ 
       ¥388 (税込)    149kcal (1個あたり)

IMG_6701

以前ご紹介した、レモンケーキとコーヒーケーキの新フレーバーです。
何度も言っていますが、このシリーズは間違いないです。
こういうタイプにありがちな、パサパサが一切ないんです。

IMG_6682


スリランカ産のアールグレイを使用し、ベルガモットの落ち着きのある香りが特徴です。生地に茶葉を練りこみ、中にはミルクティークリームを入れました。



説明通り生地にはビッチリと茶葉が入っていて、鼻から抜ける紅茶の香りが優雅です。
やっぱりしっとりした生地で美味しいわぁ。


ベルガモットとはイタリアが主産地の柑橘類との事ですが、その存在感は正直よくわかりませんでした。

IMG_6684



中のミルクティークリームは、ネットリ甘くミルク感高めです。
フワフワで、あっという間に食べてしまいました。
大き過ぎないので、お客様にお出しするにもちょうど良いサイズ感だと思います。



甘いモノは人を幸せにしてくれるなぁ。
ミスユニバースの方々は "白砂糖を使ったお菓子は食べない" とかおっしゃっていたような記憶がありますが (うろ覚えです) 、一般おばさんだからモリモリいただきますよ。
"美味しいモノは脂肪と糖でできている" とは名言ですね。







      よろしければこちらもどうぞ
                 ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆

          今日のおやつ

         美味しい暮らし♪♪






                   ☆にほんブログ村ランキング☆

                    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ







お読みいただき、ありがとうございます😊

IMG_6406

こちらもカルディで大人気の〈豆乳ビスケット〉のミルクティー味も発売されていました。
何度か買ったことがありますが、味は可もなく不可もなく。


ただ個包装でパッケージがかわいいので、配ったりするのに重宝するんでしょうね。
私は配る人もいないので、ビスコで充分でした。








おはようございます。




来週に迫った〈健康診断〉。
特に対策はしませんが、何日か前にはヘルシーな食事を心掛けたいと思います。
という事で食べ納め、グータラ主婦のお昼ご飯はハチャメチャです。


ある日は、

IMG_6648

コンビニのパスタ、もちろん大盛りです。
特に美味しい!とは思わないんですが、ジャンキーな味が時々食べたくなります。
もちろんおにぎりもプラスして、ダブル炭水化物です。


心が満たされず病んでいるんでしょう、お腹パンパンにならないと満足できないんですよね〜。
寂しい40オンナです。



そして別の日、

IMG_6460

スーパーでカツ丼を購入しました。
ガテン系のお兄さんも同じモノを手に取ってたなぁ。
あちらは体を使ったお仕事なのに、同じカロリーを摂るなまけもの主婦な私…。
濃いめの味付けが美味しかったです。



またまたコンビニご飯。

IMG_6500

もうセレクトがオッサンです。
ニンニク臭も半端なく、体臭もオッサンでしたわ。

IMG_6687

おにぎりとデザートもね。
さすがにお腹がはち切れそうで、牛の様に横になってしまいました。
終わってる…。



血糖値とかコレステロールとか、ヤバイんだろうと今からドキドキです。
閉経すると血圧も上がると聞きますし、骨粗しょう症も心配です。



自分にとことん甘い私に、節制した食生活を心掛ける日々はやってくるんでしょうか。
"健康診断結果の数値を見てから考えよう" という、何でも先送りな私です。







         よろしければこちらもどうぞ
                 ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆ 
     
      ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

          美味しい暮らし♪♪

          コンビニの食べ物全般。







                  ☆にほんブログ村ランキング☆

                   にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ







お読みいただき、ありがとうございます😊

FullSizeRender

コカコーラのリボンボトル、素敵ですね〜。
ラベルを剥がして

FullSizeRender

反対側にあるテープをギュッと引っ張ると

FullSizeRender

華やかなリボンになって『ワァォっ!』って感じでした。
ちょっとした事ですがワクワクする仕掛け、少し嬉しかったです。







このページのトップヘ