おはようございます。





45才を過ぎてから、驚くほど老化のスピードが加速しました。
本当に次から次へと不調が現れる!
ご老人が毎日病院通いしているのも、分かるような気がします。

FullSizeRender
                         今一番思うのは、戻れるなら昔に戻って
                     『歯は大事にしなさい』 と言ってあげたい




そんなある日、トイレで排尿後トイレットペーパーで拭き取ると "ヒリヒリッ" とした痛みが走りました。
その後自転車に乗ると、サドルに当たって痛い!
その日はスーパーでお米を買う予定だったんで、何とかモゾモゾ痛い部分が当たらないようにしながら自転車に乗りました。



帰ってすぐ『この痛みの原因は何だろう?』と不安に感じ、ネットで検索してみました。
すると、同じ様な悩みを抱えた方がたくさんおられました。
『通勤で自転車に乗らないといけないがサドルに当たって痛い!立ちこぎは恥ずかしいしどうしよう』
と書き込んでいる方もおられました。
( 思わず、おばさんの立ちこぎを妄想して笑ってしまいました。)



どうやら女性ホルモンの分泌の減少により尿道付近の粘膜が薄くなり、下着が擦れたりトイレットペーパーで拭き取る時などに痛みが出るらしいです。
まぁ "更年期まっしぐら" って事のようです。



人間って『自分は大丈夫。他の人とは違う』と自分自身を特別視しがちらしいですが、私も確実に更年期に向かっているんですね。



『婦人科を受診してください』と書いてあったので、近所の婦人科・更年期外来がある病院を検索したんですが…
なんせ田舎、がっつり産婦人科メインの病院しか見当たりません。
あ〜、妊婦さん達の中でデリケートな部分の乾燥で受診なんて嫌だなぁ。
若さの中の老い、残酷過ぎる。
(こういう時、都会は更年期専門の病院があったりして羨ましい)


IMG_5741
以前ご紹介した "デリケートケアウォッシュ" もしばらくやめてみました。


そこでしばらく様子を見て、良くならなければ受診しようと決めました。
そこでふと思い出したのは、以前 NHKの〈あさイチ〉で特集していた "尿の正しい拭き取り方" 。
何となく見ていましたが、実践はしていませんでした。



その中で、

   ◯ トイレットペーパーはこすらずに 5〜10秒
        尿道付近に優しく押し当てて拭き取る
       

のが、正しい拭き取り方だと説明されていました。
ゴシゴシこすってしまうと、トイレットペーパーのカスなどが残ってしまい臭いの原因になるそう。
また5〜10秒、あせらずゆっくりしっかりと。
拭き残しがあると、薄くなった粘膜にアンモニアが残り炎症を起こしてしまうそうです。



今まで、ゴシゴシこすって拭いていました。
番組では主に臭いについて触れていましたが『粘膜が薄くなっている所に、ゴシゴシ拭いていたので痛みが出たのかも』と解釈し実践しました。



すると4〜5日後には、痛みがほぼ無くなっていました。
(あくまでも私の場合です。良くならない場合は受診してくださいね)
ただ、トイレットペーパーの消費量は増えました。
今までケチって、少量のペーパーでゴシゴシ拭いていたので…。
でもトイレットペーパーよりも自分の健康。



世の中には、今まで普通にしていたけど違っていた事ってたくさんあるんですね。
でも今回はたまたま良くなりましたが、そろそろ更年期外来へ行った方がいいのかな。
母の更年期障害が重かったので。
自然治癒力と医学の力、いいとこ取りでいこう。
ガタが来ている自分の体と、上手く付き合っていかないとね〜。









                ☆にほんブログ村ランキング☆
     
                 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ









お読みいただき、ありがたいです😊

歯の治療も継続中です。

引っ越し先に良さそうな歯科医院を見つけ通っていますが、最近の歯科医院って予約が取りづらいです!

早くて2週間後、中々治療が進まない。
今はどこでも、そんな感じなのかなぁ。