やさぐれ主婦の日々日記

カテゴリ: 雑談

おはようございます。
すっかり秋めいたかと思ったら台風、ますます引きこもりです。



今回は相当強烈な台風、アメリカでも『日本にヤバイ台風が向かっている』とニュースになっているよう。
急いでコンビニに、養生テープを買いに行きました。
何とか2店舗目で見つかりました。
雨戸が無いので、これで補強します。
怖いなぁ。



そんな引きこもり中に、皆さまのブログを読ませていただくと『ブロ友さんとランチに行きました ⤴️』とか、なんか楽しそう。



そもそもブロ友って、どうやって作るのでしょうか?
お互いのブログにコメントし合って、仲良くなっていくのかな。
主人しか友達のいない私、そういう交流への憧れが日に日に増していきます。



私は、仲が深まるに連れて "心の内をさらけ出す" あの感じが苦手なんですよね〜。
良かれと思って言ってくれてるんでしょうが相手から、
『分かるけど、こうした方がいいんじゃない?』
とか言われると、
『はぁ〜?』
と思ってしまうんですよね。
はい、性格悪いです。

FullSizeRender
        あぁ〜、また東京に行ってスイーツ買いたい。



だからブロ友さんって言い方は悪いですが、サラッとしたお付き合いができるように思うんです。
ママ友や職場の仲間・ご近所さんみたいなしがらみの無い、良いとこ取りな関係なんじゃないかと思うんですが、実際はどうなんでしょうか?



もうこの年になると、私用な会話で極力自分を否定されたくないんです。
雑談に正解なんか求めていない。
だからちょっと "熱い" 友人とは、疎遠になりました。
ワイワイ気軽にバカ話をして、ガハハと笑えればいいんです。

FullSizeRender
       高級スイーツもいいけど、こういうのも好きです。
        最近のコンビニは、割引きがあるんですね!




〈子なし専業主婦サークル〉などのオフ会もあるようで、興味はあるんです。
でも『行ってみたいなぁ』と思いつつ、実行には移さない私。
結局、行けない理由ばかりを探しています。


 
そうこうしているうちに、あっという間に老後になるのかなぁ。
〈老化は孤独でも大丈夫〉系の本ばかり立ち読みしてしまう今日この頃。
ベクトルが孤独に向かっています。
ブロ友さん、できそうにもありません。









                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ




 



お読みいただき、ありがとうございます😊


一方年をとると、自分はダメ出しされたくないのについつい相手にはアドバイスと言う名の "お節介" をしたくなるもんですよね。
自分の人生経験を披露したいんでしょうね。


でもインターネットの普及など、世の中は以前とは変わってしまい、年配の方が自分の経験を活かさせない場面が多くなってしまいました。
逆に、教わらないといけない事も多いと思います。
(パソコン作業などで年下に『こんな事も分からないんですか〜』みたいに言われたり)


そういう "自分は尊敬されていない" という鬱憤が、以前書いた年配男性の『抱っこ紐のバックル外し』や、キレるご老人を生んでいる一因になっているように感じます。


せめて世の中の流れについて行けるように、新しいモノを怖がらず、チャレンジしていかないといけませんね。






    

おはようございます。






ネットニュースで『"抱っこ紐のバックル外し"が横行』という記事を読みました。
抱っこ紐、憧れたなぁ。
抱っこ紐の中のムチムチした赤ちゃんの小さな手が、お母さんの服をギュッとつかんでいるのを見ると切なくなったもんですよ。



でも "抱っこ紐のバックル外し" なんて初耳でした。
背後からお母さんの背中にある抱っこ紐のバックルを外す卑劣な行為、いや犯罪だそうです。
バックルが外れると、赤ちゃんが頭から落下してしまう危険があるそう!



記事本文を読む前は、私のような子宝に恵まれなかった女性による犯行なのかなと思いましたが…。
どうやら犯行を目撃した方や被害に遭った方によると、年配の男性による犯行が多いよう。



そうだよね。お母さんとかわいい赤ちゃん、喉から手が出るほど欲しい幸せな姿であっても、普通そんな事しませんよね。
そんな事すれば、自分の歩んできた人生を否定してしまう事になりますし。
人生勝ち負けじゃないけど、そんな事したら負けの人生になってしまいますよね。



ただ私もですが抱っこ紐を使った事のない人は "背中のバックルで抱っこ紐を固定して、それを外されると危ない" なんて事は知らないと思うんですよね。
やはり "人が困ったりパニックになっているのを見て鬱憤を晴らしたい" という、卑劣な模倣犯が多いんじゃないかなぁと思いました。

FullSizeRender
    そんな卑劣な奴は、アンパンマンに成敗してもらいましょう。



ただどんな環境でも、人が困っている姿を見てほくそ笑む人は一定数存在しますよね。
百歩譲って、偶発的なハプニングを心の中でほくそ笑むのはアリとしましょう。
人間なんてそんなモノさ。
でも以前の職場であからさまに人の失敗を喜ぶ変なオバさん同僚がいて、ひきました。



当時、デパートでの接客業でした。
休憩から帰ってくると、1人のお客様がずっとグルグル売り場を見ていました。
私と変なオバさん同僚2人出勤の日、オバさん同僚は全く動きません。
『何が探されているのかな?』と思い、お客様に声をかけました。
すると、
『うるさいわね!ゆっくり見たいから声かけないでって、さっきも言ったでしょ!』
と、怒鳴られました。



ふとオバさん同僚を見ると、ニヤニヤ。
『さっき、私も声かけたら怒鳴られてん。変な人やなぁ!』
って!
いやそれなら、休憩から戻った時に教えてよ。
そりゃあ、お客様も怒るやろ。
怒鳴られて腹が立ったんで、私も道連れにしたかったみたいです。
バカな女!
レベル低〜、と呆れました。

IMG_6244

この本で『アホと戦うのは、人生の浪費』『嫌な相手にこそやられたフリ』などと書いてありました。
敵対する相手と対決してやり込めても、その時はスッキリしても後々遺恨が残り、またストレスが増えるだけ。
もうやられたフリ、死んだフリですよ。
変なオバさん同僚に対しても、『ヘぇ〜』一言で終わりました。



ただ "抱っこ紐のバックル外し" のアホのように危害を加えられる場合もありますし、もう外では "危険人物発見アンテナ" をビンビンに張っていないといけないのかも。
性善説は通用しない世の中になってしまったのかなぁ。
寂しいですね。







                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ







お読みいただき、ありがとうございます😊


台風通過のルートに、我が家も入るかも!
お風呂に水をためておいたり、スマホの充電など、出来ることはやっておこうと思います。


賃貸なんで雨戸がついていない。
怖いなぁ。






おはようございます。





まだまだ暑くて、引きこもりの日々が続きます。
働いていたりお子さんがいたりする方は、そんな事言ってられないですよね。
贅沢な日常だと自覚しています。



先日実姉とLINEをしていた所、
『日中、何してんの?』
『早朝だけでもパートして、お小遣いにすれば』
とか言われました。



悪気がないのは分かります。
姉とは仲が良いですし、両親を気にかけてくれています。
転勤族で離れて暮らしている私の事まで心配してくれる、しっかり者の姉です。
でも、これを他人に言われると "おやっ" と思うんだろうなぁ。



発言小町とかブログなんかでも、子なし専業主婦さんあるあるですよね。
ストレートには言われなくても、
『優雅ねぇ、ご主人の稼ぎがよくて羨ましいわ』
とか
『うちなんて子供がいるから、ガチャガチャしてゆっくりできないわぁ』
とか、マウンティングされる事もあるようですね。
(発言小町、面白いですよね。釣りかもしれないけど、ぶっ飛んだ質問が好きです)

FullSizeRender
        賞味期限が切れたプリンがあったので
          プリントーストにしてみました。




子なし専業主婦の皆さんの周りには、マウンティングおばけいますか?
(私も若い頃は、マウンティングおばけでした。幸せじゃなかったのね…)
私は以前にも書きましたが、主人しか友達がいないので、今は被害に遭う事はほぼ無いです。



ただマウンティングする人を、今はスルーできるようになってきたかな。
年の功でしょうか?
所詮マウンティングなんて、他人と比べて自分の幸せを確認したい、自分の選択してきた人生が正解だったかの答え合わせ。
『子育ては大変でゆっくりできないけど、子なしよりは幸せ』
『生活は厳しいけど、子なしの老化なんて寂しいもんね〜』
などの確認なんでしょう。



マウンティングって "子供がいないという事" に対しては、圧倒的にターゲットになりやすいと思います。

IMG_6007
           プリントースト、失敗。
    味は美味しいけど、プリンがドロッドロで食べづらいのなんの…。




一般的にあまりにもレベルが上過ぎる人には、マウンティングってしないと思うんです。
するとしても、ギリギリ自分と同じくらいかちょっと上?



でも子供がいないと、状況は一変。
どんなに豪勢で優雅な生活をしていても・夫婦仲が良くても、 "でもお子さんはいないのよねぇ" 系のマウンティングは受けやすいように感じます。



"子供は宝物" 、私も心からそう思います。
でも、授からなかったんだから仕方ないじゃん。
"世界に一つだけの花" みたいに、オンリー1の生き方ができるといいんですが…。
なかなか凡人には難しいですね。








        よろしければこちらもどうぞ
                ▽

                    ☆にほんブログ村テーマ☆
                    
    ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

         最近の出来事

          暮らしを楽しむ







                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ








お読みいただき、ありがとうございます😊


今はグータラ主婦な私ですが、パートを探していた時もありました。
以前住んでいた家の近くに〈ヤクルト〉がありました。
『ヤクルトレディなら基本個人での行動だろうし、職場のしがらみとか少なそう』と思ったんですが…。


ヤクルトは託児所もあるし、 "働くお母さんを応援" みたいな雰囲気なんですよね。
『うわぁ、浮きそう』と思って、応募するのをやめました。
やっぱり、そういう環境で働くのは辛いなぁ。
子なしの方ばかりの職場ってないかしら?
あるわけないか。







おはようございます。





転勤族ですので、今まで色々な地域に住んでいます。
都会も田舎もありますが、やはり田舎は初めの印象通り閉鎖的で窮屈に感じます。



そんな中でも『私が地域の安全を守る。よそ者はおとなしくしてな💢』みたいな、パトロールおじさん・おばさんの存在が厄介です。



今住んでいるのは、トキメクお店なんて全くない田舎です。
その地で久々に、パトロールおばさんに遭遇しました。
とりあえずグルグルグルグル一日中、地域を歩き回っているんです。



先日ベランダで洗濯物を干していたら、何やら視線を感じる。
すると『じ〜っ』と下から (我が家は2階) 見つめるパトロールおばさんの視線が!
嫌な感じなんで視線を外そうとしたら、
『おはようごさいま〜す』
と、"サザエでございま〜す" 口調で挨拶されました。
『おっおっおっ、おはようございます💦』
と、こちらが挙動不審になりました。

FullSizeRender
      こんな素敵なマダムなら、お友達になりたい。
           近所のパトロールおばさんは、
                    おじさんかおばさんか、識別困難なタイプです。




ある日は、自転車に乗ろうと自転車置き場に行ったら、影からスッと現れるし。
びっくりするやろ〜。



まぁ向こうからしたら、子供がいるわけでもなく仕事に行くわけでもない、何をしているか分からない得体の知れない40女なんでしょう。
見張られてる気がする。



主人に話したら『一緒に散歩したら〜』ですと。
そんな変な空気感出してる人と一緒にいたくないわぁ。

IMG_5248
          ローソンの"どらもっち"美味しかったです。
             パトロールおばさんを警戒して
             息をひそめて家の中で暮らしています。




私は将来、永住の地は絶対都会がいいです。
"人生の楽園" みたいな生活、心と体が元気だから出来る事。
歳をとったら、絶対都会に住んだほうが良い派です。
公共交通機関や徒歩で病院やスーパーに行けないと、生活が成り立っていると言えないと思います。
特に私達夫婦は、子なしですし。
   


やはり結論は、都会が好き。
ジジババになって田舎に移住して、地元の住人とのしがらみやら村八分やら、まっぴらごめんです。
実際、移住した人が地元の住人から『あんたはここにゴミを捨てるな』とか、嫌がらせされたみたいな話もあるそうですし。
地元の住人からすれば、新参者による変化を恐れているのかもしれませんね。



将来、パトロールおばさんのいない都会に住めるように、今からしっかり貯蓄しないといけないなぁ。
でも、見かけないなら見かけないで『あれっ、あのおばさんどうしたのかな?』と、気になったりして。
"嫌い嫌いも好きのうち"
案外、私のほうが意識してるのかな?







     よろしければこちらもどうぞ
             ▽

                    ☆にほんブログ村テーマ☆
   
         最近の出来事






                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


          





お読みいただき、ありがとうございます😊


実家付近はさほど田舎でもないですが、色々住民同士の揉め事はあるみたいです。


町内会問題。
町内会のメンバーで順番に、ゴミステーションの管理・掃除をしているみたいですが『町内会には入らない。でもゴミはゴミステーションに捨てる』という人がいるそうです。


カラスに荒らされたゴミを掃除したりしているメンバーからすると面白くない。
ただ『町内会って面倒、入りたくない』って気持ちも分かるしなぁ。
難しい問題です。


  







おはようございます。






以前にも書きましたが、私は友達が少ないです。
一番気が合うのが主人。
そんな私の所に以前、高校の同窓会のお知らせがきました。



面倒ですが引っ越しのたびに新しい住所は、同窓会名簿の事務局にお知らせしています。
知らせないと『◯◯さんの現在の所在が不明です。知っている方はお知らせください』とか言って探されるんですよね。
放っておいてほしいわぁ。



まぁそれは置いといて、同窓会はお盆の時期に開催されたそう。
年末年始のみ帰省しているので、元々お盆に帰る予定は無し。
欠席のお返事を出しました。
わざわざ酷暑の時期に開催だったのね〜。



皆さま、同窓会には行かれますか?
あれは、勝ち組のみの集まりですよね。
仕事での成功・旦那さんの自慢・子供の自慢などを披露する場、もしくは相手の現在の状況の探り合い・確認の場。
行きたくないわぁ。



高校が楽しくなかったのが一番の要因ですが、更に行きたくない理由は "子供がいない事" 。
これは、自分が一番後ろめたく思っているからなんでしょうね。
みんなが結婚したら普通にしている、出産・子育てが出来ていない現実。
今の自分の状況 (子なし専業主婦・なのに働いていない) を恥ずかしい事だと思っている自分がいるんです。
なら働けばいいのに、グータラな私。
自業自得です。

FullSizeRender
    毎日ダラダラして、お昼に大盛りを食べる自堕落な毎日…
 


同窓会に行った数少ない友達によると、来ていたのはお馴染みのメンバーだったそうです。
成績が良く仕事で成功しているリーダー格だった男子・美貌を誇っていたセレブになった女子など、やっぱりね〜。



見た目もちょっぴり太り、白髪やシワも増え衰えは隠せない。
でも "一世一代の同窓会、気合を入れておめかし"  みたいなのはカッコ悪い、なんて考えるこじらせな私もいます。

IMG_3575
     ハセキョーみたいな美貌なら、堂々と行けるかな?




行けば楽しいかもしれないけど、怖くていけない。
考えすぎる自分自身が一番の原因です。
孤独な老後を迎えない為には、友達が大事と聞きました。
こんな性格では、主人に先立たれたらどうなる事やら。
それとも一人になっても全然平気なのかな?
友達が欲しいと煩わしいで揺れ動く、今日この頃です。







     よろしければこちらもどうぞ
               ▽

                    ☆にほんブログ村テーマ☆

           最近の出来事

            暮らしを楽しむ








                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ









お読みいただき、ありがとうございます😊
本当に嬉しいです。


以前〈ノンストップ〉で放送されていましたが、同窓会きっかけの不倫が多いそうですね。
『実は当時、◯◯のこと好きやってん』みたいな、胸キュン告白から不倫に発展するみたい!


ちょっと分かる気がするなぁ。
男性は好きだった相手がいくらオバさんになってても、話すうちに当時好きだった◯◯ちゃんの姿に逆再生されるんだって。


女性側も、相手がよっぽど不潔なジジイになっていない限りは、多少のデブ・ハゲならあの頃の◯◯君に逆再生可能かも。


そう考えてると、主人には絶対に同窓会には行って欲しくない。
皆さま、旦那様の同窓会は危険かもですよ〜。








このページのトップヘ