やさぐれ主婦の日々日記

タグ:お見合い

おはようございます。





以前に【結婚相談所】【結婚相談所2】と、記事を書かせていただきました。
結構しっかり〈婚活〉していました。
お見合いを重ねる中で『この人はちょっと…』と感じる方が、何人かおられました。
                                      
              


〈嫌だった男性 ①〉

失礼ですが、顔が好みじゃなかった。
『でも外見じゃない。中身が大事』と思って、しばらく会っていました。


しかしその男性、クチャラーだったんです。
ラクダみたいに唇を大きく動かして『クチャクチャ』
おまけに迎え舌。
食べる時に、舌で食べるものを迎えにいくんです。


もう〜、気持ち悪いったらありゃしない。
生理的に無理。
決定打は手を繋いでこられたんですが、全身がゾゾっとして終了でした。
手を繋げないのは、ご縁がなかったんでしょう。      

IMG_7066
                              最近のお気に入り。
                さっぱりしていて美味しいです。¥170だしお得。



〈嫌だった男性 ②〉

お見合いに遅刻してくる人は問題外でした。
お見合いなんて、基本10分前集合でしょう。
遅刻男は待ち合わせ時間を過ぎているにも関わらず、急ぐ風でもなくノロノロとやって来ました。
立会いの方が
『いい加減な人じゃないのよ。どうしたのかしら?』
とオロオロしているのに…。


なんか見た目も、気取った感じでした。
ただ昔は、私もそこそこ可愛かったんです。
対面したとたん、急に態度が変わったんです。


でもこちらは冷め切っていますし、
『なぜ遅れたんですか?』
と質問しました。
すると、
『家を出てから、携帯を忘れたのに気づいて…』
だと!
すぐに嘘だと分かりました。
お前、ノロノロ歩いてきたやん!



お茶の後食事に誘われましたが、お断りしてさっさと帰りました。
誠意のない人はダメです。
立会いの方の顔をつぶす・お見合い相手に嫌な思いをさせる、相手の気持ちを考えられないのはアウトです。

IMG_7067
                                         3回楽しめます。
            フルーツを盛り付けても美味しそう。やらないけど。

 

〈嫌だった男性 ③〉   

とにかく皮肉屋。
"会ってやってる感" 満開の人でした。       
そんな人なのに、2回目も会いました。
必死だったのね、私…。


『そんな服が趣味なの?』とか、上から目線。
居酒屋さんに行ったんですが、私はお漬物をおつまみにするのが好きなんです。
食事の最中、
『お漬物の盛り合わせ、頼んでいいですか?』と言ったら
『お漬物はシメに頼むもんだ』
と言って、頑として頼ませてくれないんです。
何基準?
そこで爆発、さようならです。



自分と違う価値観を押し付けられるのはしんどい。
しかもお漬物くらい、妥協して頼ませてくれてもいいじゃない。
私が折れるべきだったんでしょうか?
いや、私の判断は正しかった。




人の本質って、日頃のふとした行動に現れませんか。
"お漬物男" に妥協していたら、全ての事に虐げられていたと思います。
収入や見た目ばかりにこだわるのもアレですが、自分自身の体が拒絶する "心の声" を聞くのも大事だと思いました。












およみいただき、ありがとうございます😊

私自身がお見合い相手から『あの女〜』と思われていた可能性大ですが…。








おはようございます。




今は、専業主婦として暮らさせてもらっています。
私が結婚したのはもうすぐ38才、ぎりぎり37才という時でした。
その "婚活" について、お話しさせていただこうと思います。

IMG_7073
                                     もうすぐ桜の季節。
            ファミマの三色団子で、一足早く家でひとりお花見。



私は実家を出て、29才から一人暮らしをしていました。
父が厳しかったので、自由が嬉しく嬉しくて。
元々 "ひとり好き" だったのもあり、快適で快適で。
全然、結婚を焦っていませんでした。



『そのうちに、結婚なんてできるやろ』と余裕をかましていました。
これが大きな間違い…。
35才を過ぎても、結婚の気配なんて全く無しでした。



その頃は "卵子の老化" とかの知識も無く、若ければ若いほど婚活市場で有利という "超重要事項" を軽視していました。
そこそこ『かわいい』と言われていたのも、今は昔…。
合コン・紹介なども、散々たる結果でした。

IMG_7074
                                                鮮やか〜。
                      花粉は嫌ですが、春はワクワクしますね。



そんな私を心配した母が、知り合いから紹介された〈結婚相談所〉を勧めてくれました。
いつもなら『結婚相談所なんて嫌』と突っぱねる所です。
でも焦っていた私、すぐに入会しました。



全国仲人◯◯◯みたいな所に所属して、個人で運営されている相談所でした。
会費を払って(値段は忘れましたが、そんなに高額では無かったです)、毎月何名かのお見合い相手候補の釣書を送ってくださいました。



お見合いしたい相手がいない時や、こちらが希望しても断られる時もありました。
実際お見合いして意気投合したのに、お相手から断られたり…。
断られた理由は教えてもらえないので、人間不信になりかけました。



お見合い相手が "いけ好かない奴" で、超嫌な気分になり、家でひとり泣いたり…。
正直、ヘコむ事の方が多かったです。

IMG_7075
                        かわいいけど、味はイマイチでした。
                                               残念。


そんなある日、今の主人の釣書が私の元に!
写真の笑顔もいい感じ。
幸いに、お見合いする事ができました。
日程がなかなか合わなかったんですが、主人が有給を使って合わせてくれました。
それだけで嬉しかったです。



ホテルのロビーでの待ち合わせ。
主人の待ってくれている姿を見ただけで『この人だ』と感じました。
幸い主人もそう思ってくれたようで、すぐに結婚が決まりました。



結婚相談所に入会してから、一年足らずで成婚となりました。
運が良かったのかな。
今は転勤族で大変なことも多いですが、幸せに暮らしています。



〈結婚相談所〉は、本当に結婚したい男女が集まっているのでオススメしたいです。
身元もしっかりしていますしね。
仲人さんも親身になってくださる方で、本当に感謝しています。



『一緒にいたいから結婚する』それが本当なのかもしれませんが、結婚が目標になっても全然アリだと思います。
私は今、〈結婚相談所〉に感謝しています。













お読みいただき、ありがとうございます😊

最近、主人としか話していません。








このページのトップヘ