やさぐれ主婦の日々日記

タグ:栃木県

おはようございます。




先日〈1988 CAFE SHOZO〉へ行った際、話題のこちらを購入しました。

FullSizeRender

        〈バターのいとこ〉 ¥756 (税込)  3枚入




◼️ 購入した場所

IMG_3057

〈1988 CAFE SHOZO〉の近くにある〈Chus・チャウス〉で購入しました。
オシャレな雑貨や食品などが取り揃えてある、楽しいショップです。

                   栃木県那須塩原市高砂町6-3
                             0287-74-5156
                             10:00〜23:00


FullSizeRender

看板があり、分かりやすいです。
ここに売っている事は知らなかったんですが、バターのいとこの噂は知っていたので『ヤッター』って感じでした。


◇バターを作る際に残った無脂肪乳を使って作られるため、"バターのいとこ" と名付けられたそうです。



店内には、

FullSizeRender

ずらっと、バターのいとこが並んでいる!
まだたくさんありますが、これは私達がオープンと同時に入店したからかも。
人気商品なので、欲しい方は早めに行かれたほうがいいと思います。



ちなみにバラ売りは "本日中のお召し上がり" ですが、1個 200円でした。
バラ売りの方がお得ですね。
(箱代が含まれた価格なのかな)

IMG_3096

ベンチに座ったり、歩きながら食べている方も多かったです。




◼️ 食べてみました

FullSizeRender

バターの包装紙のような、金の包装紙に包まれています。
箱もかわいい。
丁度スーパーなどで売っている、バターの箱くらいの大きさです。



賞味期限は、約一週間でした。
これなら、お土産にしても良さそうです。

FullSizeRender

包装紙から出してみると、柔らかめなワッフル生地が出現しました。
フワッとバターの香りがします。

FullSizeRender

切ってみると無脂肪乳から作ったミルクジャムが "とろっ" のはずでしたが、持ち帰る間に固まってしまったようです。
レンジで数秒チンすると、いい感じに "とろっ" でした。



説明書にある通り『ふわっ・シャリッ・とろっ』でした。
砂糖の "シャリッ" も、いいアクセント。
ミルクジャムは、生キャラメルのような感じ。
とりあえず、バターの香りが凄いです。
満足感、絶大です。



バター作成の後、残った無脂肪乳は脱脂粉乳として安価で販売されていたそうです。
その無脂肪乳を使い作られた〈バターのいとこ〉。
"無脂肪乳の価値も上がり、消費者も食べて美味しく、みんなが笑顔になる" そういうストーリーも素敵ですね。



カロリーは高そうですが、是非また食べたいです。









お読みいただき、ありがとうございます😊

FullSizeRender

箱が可愛くて、捨てられない…。






おはようございます。





天気のいい週末、急に思い立って栃木県 ・黒磯にある伝説のカフェ〈1988 CAFE SHOZO〉に行ってきました。
いつもラーメンばかりなので、たまにはオシャレカフェに行きたかったんです。



混むだろうと思い、オープンの1時間前に到着。
張り切り過ぎですね。

FullSizeRender

                   栃木県那須塩原市高砂町6−6
                              0287-63-9833


通称 "ショーゾー通り" には、人っ子ひとりおらずシ〜ン。
お陰で、たくさん写真が撮れました。

FullSizeRender

ちなみに食べログでは "12時開店" と表記されていますが、11時開店でした。

FullSizeRender

この一帯に、オシャレな洋服や雑貨のお店が点在しています。



駐車場もたくさん確保されており、安心です。
ただ土日はドンドン車がやってくるので、早めに行かれる事をオススメします。

IMG_3057

カフェから少し黒磯駅方向へ行った〈Chus・チャウス〉というショップが10時オープンなので、そちらを見つつ待ちました。
オシャレな食料品や雑貨があり、楽しいお店でした。

IMG_3055

シャッターが閉まっている方がカフェの入口です。
左側の1階もカフェスペースのようで、 ベビーカーの親子連れの方がおられました。
2階にベビーカーを持って上がれない方とか、車椅子の方への配慮だと思います。



開店時間近くになると、5組ほどの待ちになりました。

IMG_3064

カフェは2階で、1階は販売スペースです。
やはり店内は、洗練されていてオシャレです。



私達は窓際の席に座って、早速注文。

FullSizeRender

ケーキシエスタと森のブレンド。
『本日数量限定で、いちごのタルトがございます』と言われちゃ頼みますよね。
多くの方が、いちごのタルトを注文していました。



あまりケーキに興味を示さない主人も『美味しい』と言っていました。
みずみずしく甘いいちごと、サックリとしてバターの風味豊かなタルト生地が最高でした。



そしてスコーン。
こちらのスコーンは間違いなしです。
パサパサでなくフンワリとして、クリームとジャムをつけて食べると至福の時間です。

IMG_3067

IMG_3068

メニューは以前行った、那須のSHOZO CAFEと同じでした。
時間が経つにつれて、席がドンドン埋まってきました。



そしてこちらのカフェは、接客も素晴らしかったです。
"1988 CAFE SHOZO" で働くことを誇りに思い、楽しんでいるような感じでした。
那須のSHOZO CAFEは正直、接客がイマイチだったんで…。

IMG_3073

階段を上って左側には、奥まったスペースもありました。
『こちらは隠れ家みたいで、ゆったりできますよ』と、笑顔の素敵なスタッフさんが教えてくれました。
次回は、こちらでゆったりしたい。

IMG_3079

IMG_3080

1階には、たくさんの商品が売られています。
今回は家にお菓子がたくさんあるので、断念しました。



1988年にオープンして以来、シャッター通りだった黒磯を蘇らせた〈1988 CAFE SHOZO〉。
活き活きと働く若い方やオシャレなお店を見ているだけで、心ウキウキしてきます。
『絶対また行きたい』と思いました。











お読みいただき、ありがとうございます😊

FullSizeRender

トイレも清潔でオシャレでした。
新幹線のトイレみたいに、トイレの空き状況が外から分かるようなランプがあり、さすが人気店だなぁと思いました。









このページのトップヘ