おはようございます。





もうすぐお盆休みですが世の中がこんな状況ですし、帰省を控える方も多いんでしょうか?
新幹線や飛行機はまだ怖いのが本音です。
我が家は年末年始のみの帰省ですが、その頃は収まってると良いんですが…。



まぁ私は義実家との関係は悪いんで義母も帰ってこなくて全然OKでしょうが、それよりも以前から気掛かりなのが義実家の空き家問題。
少子高齢化ですし、これから益々増えるであろう空き家。
実家の空き家処分に苦労されている方の記事を読んでも、全く他人事ではありません。



義母は今現在一人でマンション住まいですが、実はもう一つ一軒家を所有しています。
マンションからは随分離れた場所にあり、マンションに移り住む前に住んでいた田舎の物件です。
それでも義父が存命の時は、車で定期的にメンテナンスに行っていたようなんです。



でも今は義母一人、車の運転は出来ないので田舎の一軒家は放置状態。
かろうじて近くの親戚が風を通したりしてくれてるようですが、正直迷惑ですよね。
でもねぇ、手放さないんですよね。

FullSizeRender
                                   数年ぶりにゴミ箱を新調。
                        ゴミ箱でも新しくなると嬉しいもんですね。



思入れがあるそうです。
それは分かります、そこで子育てをして家族との思い出がいっぱいあるんですもんね。
でももう自分は全然行けないし、親戚に面倒な事をお願いしてるし、負の部分しかないと思うんですが私が冷たいのかな?



以前家の片付けで大喧嘩した母親と娘さんの記事を読みました。
お母さんはなかなか捨てられない世代。
使ってないモノは捨ててという娘さんに、
『全部大事なの。私が死んだら全部捨てて💢』
すると娘さんは、
『分かった。でも捨ててくれる業者と費用はお母さんが用意しておいてよ💢』
と応戦。



一瞬 "娘さんキツい" と思いましたが、私も同じ立場なら言ってしまいそう。
それに私はバンバン捨てる派なんで、確実に言うな。
実父と実母はミニマリストなんで、私の実家はスッキリです。
暴言をはかなくて済む、本当に良かった。



やはり世代の差もあるんでしょうが "捨てたくない" と "捨てて欲しい" 立場にはそれぞれの言い分があるし、溝を埋めるのは難しいですね。
結局本人にしか "モノに対する思入れ" は理解出来ないし、周りがとやかく言っても素直に聞き入れる事が出来ない。



逆に自分の思い出にケチをつけられているようで悲しい気持ちになり、意固地になるのでしょうね。
"自分が死んだ後に捨てて" と言われても、残された人の膨大な手間よりも自分の感情が先に立ってしまうのかな。



結局義実家の田舎の空き家は、私達が処分する事になるんだろうなぁ。
でも松本明子さんがお父さんに懇願されて、長年維持してきた香川県の家を処分した記事を読んで愕然。
メンテナンス費用・香川に帰って家の手入れする交通費等で、トータル1,800万円かかったそう。



結局香川県の家は640万円で売れたそうですが、それは長年メンテナンスしてきたからだろうしメンテナンスしていても大赤字。
特に何もしていない義実家の家の処分にはいくらかかるのか恐怖しかない。
"義母さん、処分するお金は残してね" と思うのは親不孝でしょうか?








                  よろしければこちらもどうぞ
                                       ▽

                   ☆にほんブログ村テーマ☆

                             最近の出来事






                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ







お読みいただき、ありがとうございました😊

FullSizeRender

長年使っていた台所のゴミ箱が割れてしまったので、新調するまでガムテープを貼って使っていました。
貧乏くさいですね〜。



義実家はここまでのモノはないですが、マンションの方もかなり不要なモノを溜め込んでるんです。
使っていないバケツとか変な籐の椅子とか用途不明で置いてあるだけの棚とか。



正直マンションにある8割のモノは、私が見る限り不要品・ゴミ。
でも義母にとっては大事なモノかぁ。
前途多難…。
トホホ。