おはようございます。




異性との友情は成り立つのか?
よく取り上げてられがちなテーマですね。
最近雑誌を読んでいで、同じような記事を見かけました。


年代的なものか、こういうテーマって "こっ恥ずかしい” というのが正直な感想です。

IMG_1458

ドーナツを食べながら、ひとりで雑誌にツッコミを入れてみました。



まず、『友だち以上に発展させない "セーフティゾーンの作り方" は』ですと!

  ◯ ムーディーな店は選ばない
  ◯ 割り勘にする。案外、大事。
  ◯ 並びの席では、椅子の間隔をあける。
  ◯ 夜に2人きりでは会わないようにする。
  ◯ 誘いの頻度が上がってきたら、理由をつけ
      て断る。
                                                              (STORY  12月号より抜粋)


って、こんな事気にするのって友達か?
自意識過剰すぎませんか?
おばさんにはよく分かりません。



昔バイト先にも、同じような感じの女の人がいました。
『男友達とは "ナンパ避け" の為に一緒にいるの〜』とほざいておられました。
顔もスタイルも学歴も、いたって普通というか以下。
その根拠なき自信が、逆に『すごいな!』って人でした。




続いて、ハッとさせられたリアルな『男友だちの名言集』には

◯ お前まだtakeばっかり求めてる?giveが先だ
    ろ。
◯ 今日を楽しく生きないと、明日は楽しくなら
    ないよ。
◯ もう頑張らなくていいんじゃないかな。

                                                 (STORY  12月号より抜粋)


などが書いてありました。



鳥肌が〜。
こんな事言われたら、ダウンタウンの〈笑ってはいけない〜〉みたいに、吹いてしまいそうです。
まぁ真剣に悩んでいる場面で言われたら、心に刺さるんでしょうか?



何かで読みましたが、〈男性は異性として興味がない女性とは友達にならない〉と書いてありました。
逆に女性は比較的、友情と恋愛を分類できるのではと思います。
別に異性として興味が無くても、フィーリングが合えば友達として見られますよね。



そういう意味でも『女性側からの異性の友達はあり』でも、『男性側からの異性の友達はなし』なのかなぁと私は思います。
どっちでもいいですけど。



しかしこんな記事を読むと、『若いなぁ』としみじみ思います。
今はそんな事より、健康とか老後の事とかに興味がありますし。



でも年配の方でも『またまだ、ときめいていたい☆』という方もおられますし、そんな方は活き活きとされてますよね。
やはり "気持ち” って大事なんですね。



食べ物ばかりにときめいていないで、キュンキュンする気持ちを持ちたいです。
でもやはり目は美味しそうな物を追ってしまう、今日この頃です。









お読みいただき、ありがとうございます😊

ジャニーズにも興味ないしなぁ…。