おはようございます。






最近ファッション誌を読んでいると、やたらと "脱ほっこり" だの "ほっこり感を払拭" という言葉が飛び交っています。



そもそも〈ほっこり〉って『お茶を飲んで、ほっこりする』とか、プラスな意味にとらえていましたが、ファッションにおいては目の敵にされてます!



ファッションにおける〈ほっこり〉は、"古臭くもっさりしている" というイメージでしょうか。
そんな中ニットにおいても、ほっこり感を払拭する方法があるようです。




◼️"ボャ〜"っとする淡い色を選ばない

IMG_2387

大人体型 (おばさん体型) になればなるほど、淡い色はNGとの事。
え〜、好きな色なんですけど。



おばさん体型には、ブラック・ネイビー・濃い茶色などを選ぶといいとの事です。
まぁ確かにそうでしょうけど、私は淡い色も着ますけどね。



首元に何かアクセントを持ってくるとか、合わせるボトムスをハッキリした色にするとか、メリハリが大事だと思います。



ちなみに今まで推奨されていた "ニットの中にシャツをIN" もほっこりらしい。
どないやねん!
今は、以前ご紹介したようなカットソーを中に合わせるのが主流らしい。




◼️サイズ選び

IMG_2386

ジャストサイズはNGとの事です。
これは納得かな。
歳をとると背中・肩の丸みが強調され、シャープさが影を潜めますよね。



ワンサイド上げて、適度なゆとりが必要だそうです。
(体がおよぐ程度)
かと言って、40代にとって"ビッグシルエット" は危険です。
適度って難しい。



デパートで働いていた時も60代のお客様で、やたらピタピタにこだわる方がいました。
『私は細いから、ピタピタを着る。いや、まだまだ着られのよ』
というアピールだったのでしょうね。



でも歳をとると、いくら細くてもシャープさは無くなってきますよね。
あ〜、確かに私も昔は細かった。
過去の栄光にすがるのはやめよう。



〈ほっこり〉って素敵な日本語なのになぁ。
とりあえず適度なゆとりを意識して、細見えを意識していこうと思います。













お読みいただき、ありがとうございます😊

昨日洗濯機の槽洗浄をしたんですが、12時間もかかりました!