やさぐれ主婦の日々日記

2020年10月

おはようございます。





滅多に行かないファミリーレストラン。
"お子さんのいるご家庭が行く場所" という勝手なイメージを持っていました。
しかし、

image

主人がもらってきたクオカードがあったので、休日のランチに〈デニーズ〉さんへ行ってきました。
しかしクオカードって使える店舗が限られていません?
我が家の近所ではコンビニか本屋さんくらい。



何かいつもとは違う使い方をしたいなと思っていた所、たまたま見かけたデニーズさんでは使えるやん。
という訳で行ったことのないデニーズさんへ足を踏み入れる事となりました。

image

メニューを見ると秋のメニューが美味しそうだわぁ。
メニューを見て一目惚れ、私も主人も〈播磨灘産牡蠣とベーコンのクリーミードリア〉に即決しました。



しかしランチタイムより少し早い時間に行ったからか客層は結構高め。
高齢のご夫婦やお一人で来られている高齢の方が多かったです。
時間帯を選べばゆったりできそう。



"新聞を読んで待とうか" とふと見ると、新聞は販売されているモノだけでみんながフリーで見られるモノは無し。
このご時世仕方がないですね、かえって安心かも。
ケチなんでもちろん買いませんでした。

image

しばらくすると熱々のドリアが到着です。
思っていたより小さなサイズ。
いやいやこってりしたモノなんでこれくらいがちょうどいいのよね〜、きっと。



大振りの牡蠣が3つ入っていて、ホワイトソースに旨味が溶け出してコクがあり旨旨です。
見た目も味も明らかに高カロリーですが、そんな事を忘れさせてくれる美味しさでした。
最初は小さいなとか思いましたが、こってりしているので食べ終わる頃には満腹でした。



ふぅ〜、大満足。
久々のファミリーレストランでしたが、色んなメニューがあって楽しいもんですね。
また違うお店にも行ってみたいな。








                     よろしければこちらもどうぞ
                                          ▽

                       ☆にほんブログ村テーマ☆

                                最近の出来事

                             美味しい暮らし♪♪

                                       外食

                                今日のおやつ

                       美味しい☆スイーツだよ♪







                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ






お読みいただき、ありがとうございます😄


しかし "甘い物は別腹"、前からデニーズの前を通る度に気になっていたモノがありました。

image

シャインマスカットのパフェ、私は食後ということもありミニを注文しました。

image

他にも美味しそうなメニューがたくさんありました。
全メニュー制覇したくなる衝動にかられます。
近所だったらやってたな確実に。

image

しかしファミリーレストランだからと侮るなかれ。
このパフェ、めちゃくちゃ美味しかったんですよ〜。
シャインマスカットのソルベもさっぱりして、バニラアイスとの相性バッチリ。



コーンフレークのカサ増しもなく、途中にはマスカットクリーム・マスカルポーネクリーム・白ブドウゼリーなどバラエティ豊富で飽きさせない。



そして肝心のシャインマスカット、これが新鮮で甘くて水々しい。
皮のパリッと感も楽しく、正直 "冷凍のマスカットを使ってんじゃないの" と侮っていましたが、めちゃくちゃ美味しかった。



期待以上のクオリティの上、高コスパ (¥594) でした。
いつまでシャインマスカットのデザートが食べられるのか分かりませんが、今度は普通サイズのパフェが食べたいなぁ。
以前書かせていただいた、どこぞで食べたシャインマスカットのタルトが1,400円だったのは何だったんだ。
ファミリーレストランって凄いですね、ビックリしました。










おはようございます。





いきなり火がつく断捨離熱。
私は年中 "捨てたい病" ですが、昨日主人にいきなり断捨離熱が発せられたようで "この服も要らない・それも要らない" と、どんどん不要品が増えました。
やはり "すっきり暮らす" には、家族の協力は不可欠ですね。
溜め込み体質の旦那さんでなくて良かった。

image

"服を売りに行くなら本も売りに行っちゃおうぜ" って事で、その日はリサイクルショップ巡りに決定。
服と本で後部座席はギッチリ。
これだけの不要品が家にあったのか〜、やはり定期的な断捨離は大切ですね。



最初は〈ブックオフ〉さんへ。
開店前に並んで一番ゲット。
しかし後から来たおばちゃんに抜かされそうになったわ、危ない危ない。



そのおばちゃん後ろに並んでたのにすごい早足で一番に行こうとするから、肩でガードして一番は譲りませんでした。
何となく並んでた順に買取カウンターへ行きません?
いくら図々しいおばちゃん世代になっても、そういう礼儀は大切にしたいものです。
さて待つ事数分、

image

今回は25冊で3,280円。
なかなかの金額で大満足の結果でした。
しかし〈ニーチェの言葉〉は30円か〜。
ニーチェも泣いてるな。



さて私の次だった順番抜かし未遂おばちゃん、足繁く通っているのか持ち込んだモノを見た店員さんに、
『こちらの商品は昨日より査定金額が低くなるかもしれません。日々買取金額が変動しますので』
と言われていました。
チラッと見た所大したモノではなさそう、サッサと売ればいいのに。
余計なお世話ですが。



次は〈セカンドストリート〉さんへ。
こちらも混雑なく、すぐに査定結果が出ました。

image

こちらは10点で5,260円。
おぉ、またまた高額査定。
思わぬお小遣いになり狂喜乱舞。
クローゼットはスッキリ・お財布ウホウホ。



メルカリとかで売ればもっと高額だったかもしれませんが、全くもって面倒だしトラブルも嫌なんですよ。
すぐに家もスッキリするし、私は断然リサイクルショップ派です。
いゃあ、気持ちも家もスッキリしたリサイクルショップ巡りは最高でした。






   
                   よろしければこちらもどうぞ
                                        ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆

                              最近の出来事

                              収納・片付け

                         断捨離でゆとり生活






                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ







お読みいただき、ありがとうございます😄


〈セカンドストリート〉さんで、

image

こちらのロングブーツも売りました。
各1,500円と思っていたより高額でした。
元々35,000円くらいしたモノですが、購入したのは20年近く前なので買い取ってもらえるか不安でしたが、しっかりお手入れしてきたのが良かったようです。

image

こういうコーディネートが好きだったんですが、もう履かないんですよねロングブーツ。
最近スニーカーしか履いてない。
脱ぐのがしんどいし長距離歩くと足がダルい。



40代そして50代に向けての自分にはもう必要ないモノだと判断しました。
私にとって高価だったしお気に入りだったので手放すには勇気がいりましたが、もう充分に元は取ったはず。



  関連記事




娘がいれば受け継げるんでしょうが私にはいないので、誰か必要としている方に履いてもらえるといいなぁ。
大好きだったロングブーツ、今までありがとう。











おはようございます。





田舎住みなんで、ネットでのお買い物がやめられません。
本当は実物を見てから買うほうが好きですが、近所には心躍るお店がないんだから仕方ない。
そんな中、忘れかけていた注文品が昨日届きました。

image

〈エルサ・ベスコフ〉のマグカップです。
以前違う柄を買ってからハマり、予約していたものです。


 関連記事




しかし予約したのは5月末、入荷待ちの日数が約4ヶ月となっていました。
その為、忘れかけていたという次第です。
そして正直飽きっぽい私、予約した時の情熱は薄れかけていました。



しかし開封すると、そんな気持ちはどこへやら。
やっぱりかわいいわぁ。

image

以前にも書きましたがこの〈エルサ・ベスコフ〉のマグカップは、スウェーデンの〈デザインハウス・ストックホルム〉の商品。
絵本作家・エルサベスコフさんの絵本のキャラクターが描かれたモノです。

image

今回選んだのは〈ディル〉の妖精の柄。
ヨーロッパでは、サーモンなどの魚料理によく使われるハーブだそう。
私は見た事も食べた事もありませんが。



今回この〈ディル〉を選んだのは、この柄以外はヨーロッパのハッキリした顔立ちの妖精達が多かったんですが、何だかこの薄い顔に他人とは思えない親近感を覚えたからです。
そして鮮やかなグリーンにも惹かれました。

image

これで〈エルサ・ベスコフ〉のマグカップが2つになった〜。
やばい、コレクションしてしまいそう。
2,970円とマグカップとしては安くないけど、身近に憧れの北欧を感じられるなら良しとします。



他にもカラフルで素敵な商品が多い〈デザインハウス・ストックホルム〉の商品。
やはり家の中の生活を楽しむために、北欧の商品には素敵なモノが多いですね。
家の外の景色は田舎ですが、私もせめて家の中は素敵に楽しく暮らしたいと思います。








                    よろしければこちらもどうぞ
                                         ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆


           ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

                             暮らしを楽しむ

                                  北欧雑貨




        
                ☆にほんブログ村ランキング☆

                 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ






お読みいただき、ありがとうございます😄

image

乾燥する季節に向けて、久々にパックを買いました。
どれでもよかったんですが、

image

この "のっぺり顔" に引き寄せられて購入。
でも口コミを読むと評価の高い商品のようで良かった良かった。
しかし、買った事に満足していまだに未使用。
美しい40代を目指して早く使おうと思います。










おはようございます。





今週の朝ドラ〈エール〉、涙と鼻水なしでは観られません。
つくづく戦争って、何ひとつプラスが無い虚しいものですね。
その一方で、大人買いした漫画〈スラムダンク〉を読みながら泣いたり笑ったりしている私がいます。
同じ青春でも、戦時中と現代では雲泥の差。



現在はコロナや先の見えない老後への不安とか色々大変な事も多いですが、やはり平和なのは何にも変えがたい幸せだなぁとしみじみ感じました。
〈エール〉を視聴していて本当に良かった。



さて話は変わりますが、乳がん検診で仙台の病院へ行った電車内での出来事。
私が利用する路線は、本数は時間帯によっては一時間に一本ですが、そこそこ通勤・通学の利用者もいる路線。
また地方路線アルアルですが、ひとつひとつの駅の間隔が長いんです。
山手線に乗った際、一駅毎の距離の短さに唖然としたもんです。



その日も初めはガラガラだった電車内も、通勤・通学の方でだんだん混んできました。
そして私の右隣に高校生くらいの男子学生さんが座りました。
しばらくは何事もなかったんですがなんせ早朝、だんだんその学生さん "こっくりこっくり" と寝始めました。

image
   久々に食べたモスバーガー。新商品のバーガーは野菜たっぷりで美味。
           食欲は学生並みですが、バーガーは一個で我慢できました。



しかし徐々に私の右肩に学生さんの頭が垂れてきて、体重がのし掛かるようになってきました。
最初は "若い頃は常に眠いよね〜" と温かく見守っていたんですが、睡眠時の無意識さは怖しい。
もう重くて重くて。



駅に着く度に "ハッ!" っとなって真っ直ぐになってくれるんですが、またすぐに全体重を私に預けての睡眠開始。
駅と駅の間隔が長いからもう辛くて、肩こり持ちなんで右肩がもう "ピキーン" ですわ。
何度となくさり気なさを装って押し返すんですが全く効果は無し。
おばちゃんは辛いんですけど…。



そんな格闘が続くこと数十分、その学生さんはやっと電車を降りてくれました。
心が狭いと自覚しながらも、押し返すことはやめられませんでした。
細身な学生さんだったからまだ良かったものの、ラグビー部みたいなガタイだったらもう肩が壊れてたな。



子なし故の母性の無さか。
しかし嫌なもんは嫌なんで。
いくらおばちゃんとはいえ一応女性ですよ、男ならしっかり真っ直寝てください。








                   よろしければこちらもどうぞ
                                        ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆

                              最近の出来事






                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ






お読みいただき、ありがとうございます😄


最近〈セリア〉で買って良かったモノ。

image

〈2段に収納できるコミックスタンド〉です。

image

奥行きがコミックサイズになっており、本棚を有効活用できる優れものです。

image

大人買いしたスラムダンクも省スペースで収納できました。
ただ奥行きがコミックサイズなんで、単行本は無理でしたが文庫本ならバッチリサイズが合いました。



何個か購入してギュウギュウだった本棚をスッキリさせました。
収納がピタッとはまると、何だか気分爽快になりませんか?
小さな事ですが、その日は大仕事をやり遂げたような気分に浸ったおめでたい私なのでした。











おはようございます。





皆さんのブログ等で "箱マスクが以前のような値段で買えるようになった" などと見かけますが、田舎ではまだまだ千円越え。
しかも日本製じゃないし。
地域格差を感じます。



しかし私はもう、布マスクしか付けてないから良いんです。

image

特にユニクロのマスクは大のお気に入り。
以前は争奪戦でしたが、今は普通に買えるようになって嬉しい限り。
最初は付けるとパタリロのタマネギ部隊みたいで自分的に違和感がありましたが、慣れるもんですね。
使いやすかったので追加での購入です。



このマスク、ズボラな私にとって "洗濯機で洗える" というのが最大のポイント。
手洗いは地味にめんどくさいんです。

image

3枚で990円はコスパ良しだし、つけ心地もサラッとして不快感無し。
そしてお店のPOPに "紫外線90%カット" と書いてありましたが、マスクをしているとついつい日焼け対策が疎かになる私にとって有り難いです。
この冬は、ユニクロのマスクで乗り越えたいと思います。



そして同じ日に、

image

イオンでも大量のマスクが売られておりました。
たくさんの人が群がっていましたが、気持ち分かります〜。
ついつい "買っとこか" という心理になりますよね。



手持ちのマスクが白ばかりなので、気分を変えてグレーを購入。
こちらは2枚で680円、ユニクロのマスクよりちょっとだけ高めかな。

image

しかしこのマスク、肌触りはすごく良かったんですが紐は自分で結ぶのかぁ。
結んどいてよ、こんな事さえもう面倒なんだよ老眼の私にとって。
手洗いしないといけないみたいだし、やはりメインで使うのはユニクロだな。



以前買った無印良品のマスクもあるし、さすがにもうマスクはいらないよ私。
花粉症でもないのでコロナ以前はマスクをほぼ付けていなかったんですが、変わるもんですね。
しかしさすがに、私のマスクコレクションはこれでピリオドです。







                    よろしければこちらもどうぞ
                                        ▽
 
                      ☆にほんブログ村テーマ☆

           ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

                              最近の出来事






                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ







お読みいただき、ありがとうございます😄


マスク以外でユニクロで買ったのは、主人の靴下のみ。

image

最近ユニクロで服を買ってないなぁ。
というか服自体を買ってない。
もうねぇ、捨てたい病なんですよ。

image

不要な服が溜まる溜まる。
近々リサイクルショップへ売りに行く予定、二束三文でしょうが。
と言いつつ、心の底では期待している私がいるんですが。
美味しいランチ代くらいになるといいな。









このページのトップヘ