おはようございます。





最近トイレが近いです。
昔は "ビッグタンク" と呼ばれるほど、トイレの回数が少なかったのに。
頻尿の定義が "日中8回・夜1回以上" なんて、もう私は大頻尿です。



そんな事もあり、以前より外のトイレを借りる場面が多くなりました。
そんな中、先日借りたトイレでこんな張り紙を見かけました。

image

"便座消毒液を持ち帰らないで下さい" ですと!
未だにそんな事する人いるの!
数ヶ月前ならいざ知らず今はもう普通に売ってるやん、嘆かわしい。

image
                ハンドソープも随分出回るようになりましたね、ホッ。



確かに私も、マスクやハンドソープが買えなかった記憶がまだ頭の片隅にあります。
なのでドラッグストアでハンドソープや消毒液を見かけると、家にまだまだあるのについ買ってしまいそうになります。
モノの無い時代を経験していない世代なので、欲しいものが店頭に無く買えないという光景が未知過ぎて恐怖になってしまいました。

 

そこで思い出したのは、以前Eテレで〈ペストの記憶〉という本の解説をする番組を見ていた時のことです。
なるほどと思う箇所がありました。
その本では今のようなパンデミックが起こり世の中が混乱する中、常識をわきまえて善良だった人達が "みんながやってるから良いんだよね" と罪の意識もなくモノをお店から持ち出していくんです。



"赤信号、みんなで渡れば怖くない" ですね。
他人事ではないなぁと思いました。
さすがに公共のモノを持ち去るなんて事はしませんし、それをすれば終わりだと思います。
でも実際にこの消毒液を持ち去った人は "とんでもなく常識の無い人だろう" と思っても、意外と普段は良識のある普通の人なのかもしれないとも思いました。



今現在は、いままでの常識がガラッと根底から覆された時代。
(風邪薬のCMも "熱が出たら休もう" に変わるみたいですね)
私は本当に流されやすいので、自分をしっかり持っていないとシミジミ感じる出来事でした。






                   よろしければこちらもどうぞ
                                        ▽

                    ☆にほんブログ村テーマ☆

                             最近の出来事





                ☆にほんブログ村ランキング☆

                 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ






お読みいただき、ありがとうございます😄

image

また別のお店の入り口の消毒液の脇には、こんな張り紙がありました。
防犯カメラ作動中なんて、よっぽど盗まれるんでしょうね。
しょうもない事するなよ〜。
お天道様は見てるよ〜。
消毒液をくすねて地獄に落ちるのは割りに合わないよ〜。