やさぐれ主婦の日々日記

タグ:婚活

おはようございます。





今朝は、爽やかな朝〜。
昨晩は久しぶりにエアコンをつけずに寝ることができました。
この爽やかな気候が続いて欲しい。



9月にも連休がありますしこんな爽やかな季節、本来なら遠出したい所ですがまたコロナの感染者が増えてるし。
心から旅行が楽しめないのは辛い。
そんな中、28日に安倍首相が会見するらしいですね。
これって "退任会見なのかな" と思いません?



最近の体調不安に関するモロモロが "退任へのフラグ" に思えてなりません。
"在任期間歴代最長にもなったし、今までの不甲斐なさにより首相の座を引きずり下ろされる前に自分から辞めよう" 
"辞める理由が体調不安なら、集中砲火は受けないだろう" みたいな。


フラグを立てるとは、物事が起こる伏線・前兆。



もちろん本当に体調が悪いのかもしれませんが報道陣の前でよろけてみたり、たくさんのフラッシュがたかれる中病院に入ったり。
VIPなら誰にも見られずに入れる入り口があるんちゃうの?
まっ蓋を開ければただの会見かもしれませんが、どうも色眼鏡で見ちゃうんですよね。



大阪府の吉村知事が頬がこけてお疲れに見えた時、ネットでは "知事、休んでください" とたくさんのメッセージがありましたが、現首相にそういう声は無く…。
日頃の行いって大事ですね。

IMG_9433
          おやつにおはぎを食べました。
                  あんこはダイエットには良いらしい、言い訳ですが…



話は変わりますが、私の場合 "フラグを立ててよ〜" と思ったのは〈お見合い〉です。
以前にも書かせていただきましたが、私は結婚相談所で婚活をしていました。
30代後半からの婚活で、毎週末必死にお見合いを詰め込んでいました。


 関連記事




嫌〜な奴もいましたが中にはめっちゃ話が弾んで "お互い好印象" みたいな場合も、数は少ないですがありました。
そうすると私はもう前のめり。
お互いの仲人さんに "交際希望orお断り" を伝えるんですが、そういう場合私はもちろん交際希望。



でもねぇ、こちらがOKでも相手からはNOを突きつけられる事もしばしば。
そんな時はもう叩きのめされました。
"断るならあんなに私に興味がある素振りを見せないでよ" と一人涙したものでした。
お見合い中終始不機嫌で "お前には興味が無い。俺は断るからな" という前フリがあった方が精神的に楽です。



でも本当に良い人で一目私を見て "お断りしよう" と思ったけど、お見合い中に失礼な態度をしては相手に失礼だと話を合わせてくれていただけかもしれないし。
話が弾んだから "相手も私を気に入っている" というのは私の勝手な思い込みだったんでしょう。



今となっては、ほろ苦い思い出です。
主人とは相思相愛で良かった。 
おじさん・おばさんの気持ち悪いノロケでごめんなさい。







                   よろしければこちらもどうぞ
                                        ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆

                              最近の出来事

                            暮らしを楽しむ





                ☆にほんブログ村ランキング☆

                 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ





お読みいただき、ありがとうございます😊

IMG_9401

ダイエット中のおやつ、他にはチーズを食べてます。
結構小腹が満たされます。
素焼きのナッツが良いと聞きますが、ナッツ類が苦手なんですよね。



ミニストップのベルギーチョコソフトの発売が始まりましたが我慢しました。
あれ美味しいんですよね〜。
ダイエットの為に炭水化物を我慢しているご褒美に、たまになら良いかなぁ。
などと、食べてしまった時の言い訳にフラグを立てておきました。








おはようございます。





暑いわぁ💦
文句を言っても涼しくならないのは分かっててもつい、
『あっつ〜』
と言ってしまう。
でも外で働いておられる方に比べたら、専業主婦の私なんて天国です。



以前スーツ姿で自転車に乗っていたサラリーマンを見かけましたが、その方はジャケットに汗が滲み出て塩の模様ができていました。
本当にお疲れ様です。
専業主婦なのに、文句ばかり言ってごめんなさい。



もうこんな猛暑では、スーパーへ行く以外は引きこもり。
例によって、ユーチューブ三昧です。
最近は、メンタリストDaiGoさんがお気に入り。
興味を惹かれるタイトルが多く、ついつい視聴してしまいまいます。



そんな中〈最もモテる年齢〉というタイトルがあり、迷わず見ましたよ。
モテたいのか私?
さすがにモテるのは諦めてますが、人生を振り返り "若さの無駄遣い" という失敗の答え合わせの為に視聴しました。

FullSizeRender

見にくい手書きの図で申し訳ない。

      需要=言い寄ってくる相手
      供給=自分


内容は大体図の通り、まぁ予想通りでした。
20才・35才という年齢が、需要と供給がイコールな年齢だそうです。
言い寄ってくれる人が、1〜2人ってところでしょうか。



でも微妙に違うよなぁ。
これから登り坂な20才と下り坂な35才。
20才と35才では、言い寄ってくる人のレベルに差があるような…。
確かに身に覚えがある。
30代後半になると、見える景色が変わりましたもん。
"若さより中身" という奇特な男性もいるにはいるでしょうが、やはり女性に若さを求める方が圧倒的だと思います。



そして肝心のモテ期。
10代を経て20才を通過し、年を重ねて女性としての色香・知力も加わり成熟した魅力が増していく。
女の子から女性への変化時期、若さと成熟した大人の魅力も兼ね備えたキラキラ輝いた時期なんですね。
そのピークの年齢が25才らしいです。



しかしそのピークは25才から下っていく訳では無く、30才までは横ばいで続くようです。
なので結婚に関しては一般的に、25才〜30才の間に相手を見極めた方が良いそう。
名作ドラマ〈やまとなでしこ〉でも、
『女性が一番高く売れるのは27才』
みたいなセリフがありましたもんね。



しかし、これはあくまでも一般論。
"私は40代だけど素敵な恋愛をしてるよ" という方も多いでしょう。
そもそも "モテ" なんかに興味がない方もいるでしょうし。



でも自分に置き換えると、やはり納得してしまうんです。
"若さの無駄遣い" をしていたなと。
モテる為に男性に媚びている人を見て "カッコ悪〜" と軽蔑したり。
その人は計画性のある、先を見られる人だったんだなぁ。



昔の写真とか見てもキラキラしていたし、そもそも気力・体力があったもんなぁ。
やはり結婚して子育てをしてという幸せを求めるならば、若さって強い武器になるとシミジミ感じます。



でも人生に "たら・れば" は無いですし、今の幸せに感謝しつつ生活しようと改めて思いました。
とりあえず私は、気の合う主人に出会えた事に感謝しております。
"なんのこっちゃ" という締めですいません。








                  よろしければこちらもどうぞ
                                       ▽

                    ☆にほんブログ村テーマ☆

                             最近の出来事

                           暮らしを楽しむ






                ☆にほんブログ村ランキング☆

                 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ






お読みいただき、ありがとうございます😊

FullSizeRender

最近読んで良かった本。
〈夢をかなえるゾウ〉シリーズは、欠かさず読んでいます。
主人がお小遣いで買った本を借りたんですが。



ドラマ化された時は、ガネーシャ役は古田新太さんが演じておられたはず。
ピッタリやわ、ナイスキャスティング。



読んでいる時、大号泣してしまいました。
"一日一日を大切に生きよう" と思いました。
涙もろい方は電車とかカフェで読むとヤバいと思うので、お家で読まれる事をオススメします。










おはようございます。




以前、主人と出会った〈結婚相談所〉の記事を書かせていただきました。
そこに入会したのは、37才の時。
実はそれ以前に28才か29才くらいの時、別の〈結婚相談所〉に入会したことがありました。
(実は結構焦ってた?)



そこは大阪のビルに事務所を構え、個人ではなく会社として運営されている〈結婚相談所〉でした。
その時は『20代だし楽勝楽勝。でも結婚相談所なんてダルいなぁ』と、完全になめていました。


IMG_2631
             休日はスーパー銭湯の後、コメダ珈琲でモーニング。
                               2人でまったり過ごします。



でも中々、お見合いがセッティングされません。
今思うと、私の舐めきった態度とやる気の無さが前面に出ていたのかな。
釣書の写真を、適当な写りのものを提出していたので撮り直しました。
その後、何とかお見合いをしたんですが…。



その相談所を私が嫌だと感じた所は、

    ① 殺風景な事務所でのお見合い。
    ② しかも個室ではなく仕切りもなく、頻繁に
         横を人が通る
    ③ 『事務所内で、きっちり1時間お話する』
         と決まっている
    ④ ここが一番。相談員さんが事務的で熱意を
         全く感じない。



①と②は、やっぱりホテルのラウンジとか、いつもと違う空間でお話したかったです。
しかも、他にお見合いしている方が見えてしまったり。
落ち着きませんでした。



③は、あんまり厳密に時間を決められてしまうと、無口な男性だと辛かった〜。
途中退席不可なので『歩きながらお話しましょうか?』とかもできないし。
1時間後に解放され2人で外に行くんですが、冷え切った空気感が回復することはほぼ無く…。
もっと柔軟に対応して欲しかったです。



④は、そのままです。
全てにおいて、事務的な対応です。
『会社に雇われている社員ですが、それが何か?』って感じです。


IMG_3217
                          主人も私も、ラーメン大好きです。
             食の好みは大事ですよね。しかも2人共早食い



初めての結婚相談所だったので、当時は『こんなもんか〜』と思っていましたが、当然成婚せず自然消滅のように退会しました。
自分自身の真剣度も低く、結婚相談所との相性も悪かったんでしょうね。
私の "結婚するべき時期" ではなかったんでしょう。



今思えば個人で運営されている結婚相談所の方が、きめ細かいフォローもしてくださり熱意もあって、すぐヘコむ私には合っていたんだと思います。



ネット婚活とか婚活パーティーとか、人によって何が合うかやってみないと分かりませんよね。
遠回りはしましたが、行動しなければ何も変わらない・やってみなければ分からないのは確かです。
昔の自分を、褒めてあげたい。













お読みいただき、ありがとうございます😊

お見合い途中に何度も『お腹が痛い』と言ってトイレに行く方や、クチャラーさんなど様々な男性がおられました。








おはようございます。




今は、専業主婦として暮らさせてもらっています。
私が結婚したのはもうすぐ38才、ぎりぎり37才という時でした。
その "婚活" について、お話しさせていただこうと思います。

IMG_7073
                                     もうすぐ桜の季節。
            ファミマの三色団子で、一足早く家でひとりお花見。



私は実家を出て、29才から一人暮らしをしていました。
父が厳しかったので、自由が嬉しく嬉しくて。
元々 "ひとり好き" だったのもあり、快適で快適で。
全然、結婚を焦っていませんでした。



『そのうちに、結婚なんてできるやろ』と余裕をかましていました。
これが大きな間違い…。
35才を過ぎても、結婚の気配なんて全く無しでした。



その頃は "卵子の老化" とかの知識も無く、若ければ若いほど婚活市場で有利という "超重要事項" を軽視していました。
そこそこ『かわいい』と言われていたのも、今は昔…。
合コン・紹介なども、散々たる結果でした。

IMG_7074
                                                鮮やか〜。
                      花粉は嫌ですが、春はワクワクしますね。



そんな私を心配した母が、知り合いから紹介された〈結婚相談所〉を勧めてくれました。
いつもなら『結婚相談所なんて嫌』と突っぱねる所です。
でも焦っていた私、すぐに入会しました。



全国仲人◯◯◯みたいな所に所属して、個人で運営されている相談所でした。
会費を払って(値段は忘れましたが、そんなに高額では無かったです)、毎月何名かのお見合い相手候補の釣書を送ってくださいました。



お見合いしたい相手がいない時や、こちらが希望しても断られる時もありました。
実際お見合いして意気投合したのに、お相手から断られたり…。
断られた理由は教えてもらえないので、人間不信になりかけました。



お見合い相手が "いけ好かない奴" で、超嫌な気分になり、家でひとり泣いたり…。
正直、ヘコむ事の方が多かったです。

IMG_7075
                        かわいいけど、味はイマイチでした。
                                               残念。


そんなある日、今の主人の釣書が私の元に!
写真の笑顔もいい感じ。
幸いに、お見合いする事ができました。
日程がなかなか合わなかったんですが、主人が有給を使って合わせてくれました。
それだけで嬉しかったです。



ホテルのロビーでの待ち合わせ。
主人の待ってくれている姿を見ただけで『この人だ』と感じました。
幸い主人もそう思ってくれたようで、すぐに結婚が決まりました。



結婚相談所に入会してから、一年足らずで成婚となりました。
運が良かったのかな。
今は転勤族で大変なことも多いですが、幸せに暮らしています。



〈結婚相談所〉は、本当に結婚したい男女が集まっているのでオススメしたいです。
身元もしっかりしていますしね。
仲人さんも親身になってくださる方で、本当に感謝しています。



『一緒にいたいから結婚する』それが本当なのかもしれませんが、結婚が目標になっても全然アリだと思います。
私は今、〈結婚相談所〉に感謝しています。













お読みいただき、ありがとうございます😊

最近、主人としか話していません。








このページのトップヘ