やさぐれ主婦の日々日記

タグ:子なし専業主婦

おはようございます。





コロナによる経済不安から色々な企業の "早期退職を募集" などのニュースをよく目にするようになりました。
こういう記事を読むと他人事ではないですね、本当に明日は我が身です。



主人の会社では今の所リストラは行われていませんが先のことは分からない世の中、いつ実行されるかも知れません。
十数年前に大々的にリストラがあったようですが、その時は主人も若かったし対象からは外れたようですが今リストラがあれば年齢だけ見れば対象ど真ん中。


私は先の事を心配して悪い妄想に突っ走る性格なので、いらぬ妄想が頭を支配して勝手に不安になったりしてしまいます。
こういう暗いニュースは、私みたいな人種は見ないに限ります。

FullSizeRender
                           スーパーで安くなってた黒糖まんじゅう。
                         ふふっ、全部私のもの。



しかしやはりこういう時は、共働きというのは心強いですよね。
収入源が複数あるというのはこんなご時世、やはり金銭的・精神的にも強い。



でも、ご存知の通り私は無職。
主人の会社では単身赴任の方が多数でそれはもちろんお子さんの学校等の事でが多いようですが、中には子供はいないけど奥さんが仕事を持っているので単身赴任している方もおられるそう。
それを聞くと、子なし専業主婦の私が旦那さんの転勤に帯同というのは贅沢な事をさせてもらってるなと思います。



結婚してからしばらくはパートに出ていましたが、転勤の度に職場が変わるのも疲れてしまって…。
はい、完全な甘えですわ。
かと言って、私がずっと同じ職場で働く為に離れ離れで暮らすのは辛いです。
結婚が遅かったのもあり一緒に暮らせる時間が少ない今、一緒に過ごせる何気ない毎日を大事にしたい。



"主人の会社では我が家は特殊なのかな" とか気持ちは揺れ動きますが、やはり "このまま主人に帯同したい" というのが今の一番の願いです。
贅沢・ワガママだと思われても。
すいません、今日は頭の中が負のループでウダウダ言うだけで何の結論もないです。 



でも今は "人にどう思われるか" よりも "自分達がどうすれば幸せか" を優先して考えようと思います。
人の目ばかり気にして幸せになれないのは嫌ですから。







 
                   よろしければこちらもどうぞ
                                        ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆

          ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

                            暮らしを楽しむ





                ☆にほんブログ村ランキング☆

                 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ





お読みいただき、ありがとうございます😄


ところで皆さん、持ち家ですか賃貸ですか?
転勤族にとって家賃は気になる所です。
主人の会社は家賃補助はありますが、全額支給ではありません。


ポストには度々一軒家のチラシがポスティングされてるんですが "家賃並みの支払いで一軒家が買えるなぁ" とか考えちゃうんです。
まぁ、今の地域に永住したいとは思ってないんですけどね。


定年後の終の住み家についてもまだノープランなんで、それも頭が痛いです。
老後がノープラン過ぎてヤバい我が家。
"資産が1億円突破しました" とかのブログ記事を読んで "すっご〜!" と感心するも、我が家に策は無し。
とりあえず貯金に勤しみつつ、ぼちぼち将来設計を考えようという先送り思考な我が家。
本当にヤバいな〜。









おはようございます。





つい先日、結婚記念日を迎えました。
入籍した日と結婚式を挙げた日が別々の場合どちらが正式な結婚記念日かは分かりませんが、どちらもおめでたい日として主人には "ありがとう" を伝えたいです。



記念日とは言え、我が家ではオシャレなフレンチなどへは行かずステイホームで乾杯です。

FullSizeRender

いつもより少し多めにお酒をいただき、ほろ酔い気分で楽しいな。
"こうして何気なく笑い合いながら食事ができる相手がいるって幸せな事だ" と改めて認識する日でもありました。



でも結婚して10年、あっという間でしたが確実に月日は流れているんですよね。
もちろん幸せな日々を送らせてもらってますが、友人からの年賀状や芸能人のニュースを見聞きするたびに "ズンっ" と暗い気持ちに落ちる事があります。



やはり "子育てをしていない" というのは、自分が年を取っていくだけで何も産み出してないんだなぁという気持ちになるんですよね。
"結婚してすぐに授かっていたら今頃は小学生の子供のお母さんかぁ" とか妄想が暴走したり。
仕事で社会に貢献しているならこういう気持ちにはならないのかもしれません。



もっと辛い状況に置かれている方からしたら "元気に暮らせてるだけいいじゃない" と思われそうですが、身近な幸せを当たり前とすぐに慣れてしまいもっともっと次なる幸せを求めてしまうのが人間だと思いますし、私はそういう欲深さが顕著な人間なんです。



なんか暗〜くなっちゃいましたが、普段は自分の幸せを実感して楽しく暮らしています。
自分的にはたまには暗い気分に落ち込んでも今の幸せを振り返る事ができるし、ソレもありかなと思ってます。
"人生に "たられば" は無い" と自分に言い聞かせないとすぐにウジウジしてしまう人間だもんで。







                    よろしければこちらもどうぞ
                                         ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆

           ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

                               最近の出来事

                             暮らしを楽しむ





                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


     


お読みいただき、ありがとうございます😄

IMG_0133

〈ボジョーレーヌーボー〉が11月19日に解禁されましたね。
皆さま、もう飲まれましたか?
ワイン通の方からしたら "ケッ" って感じでしょうか。
私は全く味の違いは分かりませんが、何となくワインは好きなんで買っちゃいました。



1,000円しなかったんですがそんなに若過ぎる感じもなくしっかりした味で、失礼ですが予想外に美味しかったです。
結婚記念日のお祝いと称して、一晩で一本空けちゃいました。
もちろん翌日は二日酔い。
辛いけど、たまにやっちゃう二日酔い。
学習能力がないですが楽しいから、まっいっか〜。







おはようございます。






最近ニュースでよく見聞きする "脱ハンコ" という言葉。 
テレワーク中でも "ハンコをもらいに出社しないといけない" とかインタビューで答えていた方もいましたし "部長のハンコをもらわないと" などは死語になる日も近いんでしょうか?



専業主婦の私にとってハンコと言えば宅配便の受け取りくらいですが、それも最近荷物を玄関先に置いていってくれたりしますし "脱ハンコ" にはピンとこないのが正直な所です。
それよりも最近特に何とかならんかなぁと思うのが "保証人" 。



子なしで夫をなくし、現在一人住まいの高齢の伯母の入院などで奔走している父の姿を見て本当に大変そうなので。
当の本人は "やってもらって当たり前" 的な感じのようで…。
年を取るとそういう思考になるのかな?
反面教師にしないと、他人事ではないですから。



さておひとり様で不安に感じている方も多いという記事を見かけますが、子なし夫婦にとっても一大事です。
入院するにも保証人が二人、しかも年金受給の人以外とか "ハードル高いなぁ" という条件がいまだにある所も多いようですし。

image
                    貯まったポイントでお米がもらえた。ラッキー。
           しかし年をとったのか、お米の減るスピードは減ったなぁ。
                                    それはそれで寂しい…。




勿論色んな人がいますから、保証人をたてる側の言い分もあるとは理解しています。
しかし少子高齢化は紛れもない現実、入院に関しては保証人がいない人は前金を多めに払うとか臨機応変に対応していただける世の中になると嬉しいです。
それなら今は病気でなくても、これから年を取っても安心して生きていける度合いが違うんですよね。



今借りている賃貸住宅は保証会社に入るのが入居条件で保証人は必要ないですし、賃貸住宅に関してはそういう所が増えているようです。
もっとそういうのがスタンダードになって欲しいな。



やはりコレがダメならコチラでと、色んな選択肢が有るのと無いのとでは安心度が違います。
これからは年金など色々不安ですが、せめて心の平和は保って生きていけるようにして欲しいというのが子なし主婦の願いです。









                    よろしければこちらもどうぞ
                                         ▽
                      ☆にほんブログ村テーマ☆

                             暮らしを楽しむ

                              最近の出来事





                ☆にほんブログ村ランキング☆

                 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ






お読みいただき、ありがとうございます😄


今朝歯を磨いていたら、歯の仮の詰めものが取れました。
地味〜にショック。
朝一で歯医者さんに行ってきます。
歯医者さんって何か憂鬱で、出来るだけ行く回数を減らしたいのになぁ。
まぁ、仕方ないですね。
"歯医者さんが休みの日じゃなくて良かった" とプラスに考えて行ってきます。








                                        



おはようございます。





先日野暮用があり、一番近いオートバックスへ行きました。
無事用事を済ませての帰り道、ふと見ると〈スシロー〉の看板が目に入りました。
ちょうどお腹もペコペコでしたので、吸い寄せられるように駐車場へ。
少し待ちましたが早い時間だったので、すぐにテーブル席に案内されました。

image

以前行った〈はま寿司〉はレーンに全くお寿司が回ってませんでしたが、スシローはレーンにお寿司が回ってる!
これはこれでやはり嬉しい。
エビが好きなんで集中攻撃です。



気分良く食べていたんですが程なくすると、私達の後ろのテーブル席に小さなお子さん3人連れの家族がやって来ました。
もう席に着く前からお子さん達はテンション上げ上げ。
うんうん、回転ずしってテンション上がるよね〜。



しっかし、想像を超えたテンションでした。
私達の席の方がお寿司が回ってくる進行方向に近かったので、後ろのテーブル席のお子さんは回ってくるお寿司が自分達のエリアに到着するまで待てない。
大人でもついつい自分達のエリアに到着する前のお寿司を目で追ってしまいがちですが、お子さんなら尚更。



もう身を乗り出して、私達のテーブル席の空間を侵してくるんですわ。
その子の顔と私の後頭部が "がっちんこ" しそうな密着度。
大人なんで、頭突きをするのはやめておきました。
ソーシャルディスタンスはどうした?
お母さんがその都度 "ダメよ〜" となだめてはくれるんですか、そんなんで収まるわけもなく…。

image
            エビ天のお寿司もつい頼んじゃう。カロリー高いけど…。



でも子育てをしていたらこんな子供の行動は日常茶飯事なんでしょうね。
しかしそうとは分かっちゃいても、やはり嫌なものは嫌なんですけどね。
私的には "そんなに身を乗り出しちゃダメっ" と気持ち強めにお子さんを引き戻して欲しかった。
子育て経験無しのワガママと言われても、嫌なんだから仕方ない。



"じゃあ回転ずしじゃなく、回らないお寿司屋さんへ行けば〜" と言われると困っちゃうな。
お子さんと同じで、私も回転ずしへ行くとワクワクしちゃうんで。







                   よろしければこちらもどうぞ
                                        ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆

                              最近の出来事

                                     外食





                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ





お読みいただき、ありがとうございます😊

image

食べたお寿司はほぼ美味しかったんですが、この馬刺しの握りはイマイチでした。
"九州フェア" 開催中だったので注文しましたが、やはりそれなりのクオリティ。
やはり無難なネタが美味しい。

image

そんなこんなで着実にお皿は積み重なり、ふたりで23皿いただきました。
主人より食べたかも、やっちまった。
身についた大食いDNAは、なかなか消し去れないもんですね。










おはようございます。





あ〜、お腹が空きました。
食べ物を口にできるのは4時間後の午前11時、16時間断食ダイエット中なもんで。
(しつこい"ダイエット頑張ってる"アピール)
でも空腹の峠を越えると、空腹を感じなくなるゾーンがやってくるので我慢します。
ゆるゆるダイエットを楽しんでいます。



でもこんなダイエットができるのは、子なし専業主婦だからこそ。
働いていたらお昼まで空腹で仕事に身が入らないだろうし、子育ても体力がいるでしょうから食べなきゃやってられないだろうし。
考えてみりゃ、贅沢なダイエットです。
という割には劇的に痩せてないけど。



毎日観ているYouTubeで "子育てしていると自然にノイズキャンセリングが機能する" と言っている方がいました。
確かに近所の乳児さんが発する "キ〜ッ" っという雄叫び。
離れた場所でも私は気になりますが、四六時中あの雄叫びの側にいるお母さんはいちいち反応していたらキリがないんでしょうね。



子育てした事がないので分かりませんが、子供の泣き声やグズリに自然とノイズキャンセリング機能が働いて、サラッと流せるのが子育て家庭なのかな。
"そんな訳ないやろ、イライラするわ" というご意見があったら申し訳ありません。
なんせ子育て未経験者、想像での意見なんで…。

FullSizeRender
                          おススメしている方の多かった韓国のり。
              スーパーで見かけて高かった(¥429)けど買ってしまった。



私は大雑把な性格ですが、結構音に関しては気になるんですよね。
でも "何でもかんでも気に触る" というクレームおばさんではないつもり。
混んでいる新幹線内での赤ちゃんの泣き声にはイライラしませんが、小学生がバタバタとスーパー内をはしゃぎ回るのはムカつきます。



先日も週末に行ったスーパー銭湯で "気持ちええなぁ" とリラックスしていると、お婆さん寄りのおばさん2人組が入ってきました。
まぁ、そのおばさん達のうるさい事💢
洗い場でも湯船でも、ずっと大声で話してるんです。
シャンプーしてる時くらい黙れ。
まわりが引くくらい大声で話すなら、せめて爆笑を取るくらい面白いオチのある話をしろ。



すいません、取り乱しました。
やはり子なしゆえ、忍耐力が無いのかな?
確かに子育てしていない私は、自分中心な思考に偏りがちだと思います。
スーパー銭湯のおばさん達も、久々に友達とお風呂に来てテンションが上がったのかもしれないし。
そもそも、ジッと押し黙って入浴しないといけない訳ではないし。



子供がいる方は一般的に "誰かの子供→誰かの妻→誰かのお母さん" という立場を経験しますよね。
この "誰かのお母さん・親" という立場を経験しているかいないかは、すごく大きいなぁと最近実感します。
やはり "自分の命に代えても守りたい存在がいる・自分より優先する存在がいる" って全然視野が違うと私は思います。



自己中な自分を日々感じていますが、まぁ子宝に恵まれなかったのは仕方ない。
運命として受け入れるしかないです。
だからこそ時々、相手に対する見方を振り返ろうと思ってます。
とは言えすぐに "あの人腹立つわぁ" と我を忘れて怒ってしまうんですけどねぇ。








                   よろしければこちらもどうぞ
                                        ▽

                     ☆にほんブログ村テーマ☆

                               最近の出来事

                             暮らしを楽しむ





                 ☆にほんブログ村ランキング☆

                  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ





お読みいただき、ありがとうございます😊

FullSizeRender

韓国のりって美味しいですよね。
カロリー高いけど。
ごま油の風味って最強。



最近毎日納豆を食べてますが、ごま油を入れて食べると美味しい。
韓国のりが美味しいのか、ごま油が美味しいのか分からなくなってきました。









このページのトップヘ